読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チームK

チームKエピクロスの鉱石』
「伝染」「感染」がテーマの物語です。
全世界が統一された未来で流行りだした「奇病」。それを罪のない人を消す形でなくそうとする上層部に抗う少年少女の物語です。得体の知れない病はいつ死ぬか分からない恐怖、死ぬしかない未来への絶望。それらを人々に「伝染」させていく。少年少女は正体を知って尚、世界を救うことが出来るでしょうか。

『死はわれわれにとって無関係である。なぜなら、われわれが現在するときには死は現在せず、死が現在する時にはわれわれは存在しないから。』
『何かを失う少年少女の物語』

主人公
白壱(きよいち)16歳男性 反政府のレジスタンスの一員。奇病から奇跡的に回復し、強靭な肉体を得た。年相応の少年らしく活発。鋼メンタル。実はおぼっちゃま。
ヒロイン
朝凪(あさなぎ)18歳男性 弟の奇病を治そうと奮闘する青年。デカい図体の割には大人しく、自己主張が乏しい。心優しい青年だが、それが裏目に出る時もある。
その他キャラクター
リリプータ17歳女性 反政府のレジスタンスの一員。白壱の幼なじみ。白壱と同じく奇病から奇跡的に回復した。出生は良くないが、品行方正で男達の憧れの的。
夕凪(ゆうなぎ)16歳男性 奇病感染者。朝凪の弟。可愛らしい容姿に反して冷めた性格で無情。リリプータに惚れている。
ルーザ18歳男性 胎児奇病感染者。奇病の研究所で研究に協力する名目で居座っている。朝凪と夕凪の幼なじみ。見た目に反して気が弱く、泣き虫。宵子の事が好き。
宵子(よるこ)32歳女性 奇病の研究をしている女性。幼い息子を奇病で亡くした為、残りの人生を奇病に捧げるつもりで研究している。おしとやかな女性。
テルミ??歳男性 政府関係者。飄々としている。奇病感染者?ラーヴィに淡い恋心をいだく、が気付いてもらえない。
ラーヴィ??歳女性 政府関係者。よくマスコミを弄っている。活発で明るい性格。困っている人を放っておけないたち。