読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チームU

チームU 『Revive』
首都近郊の公立高等学校に通う高校2年生、槐が発起したスクールアイドルの成長を描いた物語。それぞれがアイドルに、学校生活にかけた想いとバラバラだった心が1つになる時に光が生まれる。

『笑顔はするものじゃない。させるものだ。』
『希望を絶やさなかった少年少女の物語』

主人公
北条 槐(ほうじょう/えんじゅ)16歳女性 県立檜坂総合高等学校に通う高校2年生。5月13日生まれ。2年1組であり特進クラス。頭脳は全国模試でトップクラスであり東大はですら入学は堅いと言われている。元アイドルの母と現役大俳優の父を持ちながらも芸能界への道は興味がない。事故によりアイドルの道を絶たれ、うつ病になった母のため自らがアイドルになることを決意する。
北条 圭(ほうじょう/けい)15歳男性 県立檜坂総合高等学校に通う高校1年生。1月2日生まれ。1年5組であり成績は中の下。槐の弟であり重度のシスコン。幼い頃からジャズダンスやクラッシックバレエなど一通りのダンスを習っており現在も継続してダンス教室に通っている。ダンスの振り付けの担当をしている。運動が得意でバスケ部に所属している。母がうつ病になると同時にそんな母を見て感情が薄れ、笑顔が消えてしまった。

メインキャラクター
平野 優子(ひらの/ゆうこ)16歳女性 県立檜坂総合高等学校に通う高校2年生。槐の幼馴染み。6月9日生まれ。2年3組に所属。メンバーからは「ゆっこ」と呼ばれている。冷静で生真面目。男勝りな一面がある。バイクいじりが趣味。メンバーの中で1番胸が大きい。中学生の弟を溺愛している。
神楽坂 雅(かぐらざか/みやび)17歳男性 県立檜坂総合高等学校に通う高校3年生。7月16日生まれ。3年2組に所属。女性のような柔らかい物腰や顔、高い声などがコンプレックスであり、さらに母に教わった手芸や裁縫が趣味である事にも若干負い目を感じている。衣装担当。悪名高い市議会議員の父を持ち街中から迫害されているうえ、父から虐待に近い暴力を振るわれている。
喜屋武 都(きやん/みやこ)15歳女性 県立檜坂総合高等学校に通う高校1年生。4月7日生まれ。1年1組に所属。眼帯とツインテールに加え「〜ッス」という特徴的な喋り方をする個性的な少女。小柄だが運動神経が抜群。メンバーの作戦参謀兼作詞作曲を担当している。明るくムードメーカー的存在。精神的に成熟しておりほかのメンバーに助言する事も多々ある。
久保田 ひより(くぼた/〃)18歳女性 県立檜坂総合高等学校に通う高校3年生。3月3日生まれ。3年4組に所属。母子家庭であり、母が水商売で稼いでいる事でいじめを受け、男子生徒に強姦された事が原因で不登校になり1年留年している。男性恐怖症でありメンバーの圭や雅には最初は近寄る事すら出来なかった。おっとりしていてのんびり屋。
新妻 あゆみ(にいづま/〃)15歳女性 県立檜坂総合高等学校に通う高校1年生。3月24日生まれ。1年6組に所属。幼い頃に父とは離婚しており、小学校の頃に母とも死別している。メイド喫茶でアルバイトをしながら一人暮らしをしている。母がアイドルヲタクであり、あゆみ本人もアイドルが大好きでメンバーになった。常に敬語で毒舌だが怖がりな一面もある。
折原 千恵梨(おりはら/ちえり)16歳女性 県立檜坂総合高等学校に通う高校2年生。9月3日生まれ。2年5組でありダンス部に所属している。ごくごく平凡な女子高生であり、淡々と高校生活を過ごすことに懐疑感を抱いている。趣味はボトルシップ製作であり、手先が非常に器用で集中力も抜群。ダンスの振り付け担当。個性的なメンバーの中で一握りの常識人でありツッコミに追われている。
貴瀬 彩(たかせ/あや)17歳女性 県立檜坂総合高等学校に通う高校3年生。8月20日生まれ。3年4組に所属。札付きの不良であり問題児。家庭で父親が得体の知れない女と再婚し、その女とその連れ子と相容れない事が理由で家にもあまり帰らずグレている。歌う事が好きで音楽の道に進みたいと考えるものの再婚でうつつを抜かしている父親には打ち明けられず3年生になってしまった。スポーティでクールビューティな外見とは裏腹にメンバー1の運動音痴でダンスの練習時間が1番長い。つっけんどんで情に厚い性格。