読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チームQ

チームQ『聖命戦争』
テーマはありません。『聖杯伝説』と『アーサー王伝説』と『北欧神話』を混ぜ合わせた趣味丸出しの創作です。世界の命の環の象徴であり原初の王『アーサー』と、全てを等しく終わりへと運ぶ終神『ロキ』を取り巻いた物語です。神と人なんて元々分かり合えないものでしょう。

『さようなら、憎き欠落した世界よ。』
『地を踏みしめた少年少女の物語』

主人公
アーサー??歳男性 全ての生命を廻す象徴である『聖王』。現在の世界の生命循環器。温厚でマイペース。怒ると怖いタイプ。ガトリングガンを扱う。ロキとは幼馴染み。 理想郷へ至る鍵。
ロキ??歳性別不明 全てを等しく終わらせる神。神出鬼没。やんちゃで悪戯好き。少年とも少女とも言えない外見をしている。 アーサーとは幼馴染み。3児の母?
その他キャラクター
ランスロット26歳女性 円卓の騎士の1人。湖の騎士とも呼ばれる。責任感が強く情で動きがち。男勝りでいつもラフな格好をしている。円卓の騎士では1番腕が立つ。
パーシヴァル12歳男性 円卓の騎士の1人。投げ槍が得意。年相応に生意気。 アーサーと同じ生命の循環の役割を持つ《聖杯》探索に成功する。
ベディヴィア19歳女性 円卓の騎士の1人。アーサーを幼い頃から慕い、アーサーに命をかけている。肝心なところで決断力が鈍くなったりドジをしたりする。
モルドレッド32歳男性 円卓の騎士の1人。いつも飄々としている。円卓の騎士や九大守護王の中でも常識人故にツッコミに苦労する。アーサーに謀反を起こすといった噂を流されているが否定はしない。父親が誰か分からないうえ母親は幼い頃にアーサーに殺されている。
ガウェイン42歳男性 円卓の騎士の1人。真面目な性格で、マイペースなアーサーにはらはらしている。性格が裏目に出て反感を買うことも。
ニミュエ??歳女性 湖の乙女。アーサーを守護し、エクスカリバーを持つ。おっとりしているが何を考えているか分からず裏が読めない。おそらく腹黒い系女子。
ヴィヴィアン??歳女性 湖の乙女。ニミュエの妹。ランスロットを守護し、アロンダイトを持つ。勝気で面倒見のよい性格。何かとテンションが高い。
ペリノア50歳男性 九大守護王の1人。武勇王。パーシヴァルの父。アーサーとは幼い頃から面識があり、悪友。おおらかで頼れる存在。
レオン??歳男性 九大守護王の1人。百獣王。寡黙な獣人。自ら迫害されがちの獣人の国を作り、統る。
アスクレピオス??歳女性 九大守護王の1人。医療王。アーサーとは幼馴染みで、アーサーの統べる世界を信じ神格化した神。無邪気で飄々としている。一人称はボク。
アテナ16歳女性 九大守護王の1人。技芸天王。若くして極東の国を治める少女。生真面目な性格。義理の父、先代技芸天王を謀略により失っている。
ボールス27歳男性 九大守護王の1人。信頼王。九代守護王最強の実力を持つ心優しき青年。ランスロットと幼馴染みの関係にあり、お互いに気を許している。武術に長けているせいか武術以外には疎く初心。
ルキウス19歳女性 九大守護王の1人。征服王。孤児ながら類まれない才能で1つの国を作り上げた。少年のような容姿と喋り方だがれっきとした女性。一人称もオレで鎧を着込んでいる為男と勘違いされやすい。
エルドラード??歳性別不明 九大守護王の1人。黄金王。飄々としていて誰も彼の者の素性を知らない。
サリー??歳女性 九大守護王の1人。救世王。少女ながら大剣を振り回す。ただ彼女1人現れるだけで戦況がひっくり返るほどの力を持つことから救世王と呼ばれる。前髪もっさりクーデレ。本名はサルヴァドール
ジェスター21歳男性 九大守護王唯一の魔法使い。道化王。国は持っていないがアーサーに気に入られ九大守護王になった。仮面で顔を隠しており、素性を知る者はいない。
グィネヴィア25歳 アーサーといずれ結婚し次代の聖王をもうけることになっているがランスロットを愛している。無神経で我が儘。魔法使い。
スルト??歳男性 神。ロキを先輩と慕い、今回の案件にも協力する。ドジっ子で頑張っても大概空回りする。
シンモラ??歳女性 神。スルトの妻。ドジっ子であるが戦うと案外強い。
イオン30歳男性 地底王。死者の国地底を治める王。煙草ふかしてばかり。正体は先代技芸天王イオン。アテナの育て親であり師匠。
フェンリル??歳女性 ロキの娘。臆病な性格。
ヨルムンガンド??歳男性 ロキの息子。生意気な性格。
ヘル??歳女性 ロキの娘。地底を作った神。娯楽好きで人間をおもちゃとして扱う。モルドレッドを理由も分からず気に入っている。
キーキャラクター
ロミオ18歳女性 謎の少女。男言葉を遣う好戦的な少女。理想郷を目指している。
ジュリエット18歳男性 謎の少年。見た目はぱっとしなく、地味であるが頭は切れる。理想郷に到達しようとする。