読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チームD

チームD『ひとかぞく』
「家族」がテーマの物語です。
現代、国家公認の暗殺一家に訪れる非日常を描いたものです。親しい人を失ったり、親しい人愛する人と触れ合ったりその場その場に訪れる「幸せ」を噛み締めていくことが一家には出来るでしょうか。

『知らなかった方が平穏に暮らせていたんじゃないか。』
『遠くなったあの日に戻りたがる少年少女の物語』

主人公
早乙女真琴(さおとめ/まこと)12歳(15歳)男性 早乙女家の長男。未熟児で生まれた為生まれつき心臓病を抱える。面倒見のよい性格。

メインキャラクター
早乙女篝(さおとめ/かがり)11歳(14歳)男性 早乙女家の次男。重度のブラコン。運動神経がよい。
早乙女鏡(さおとめ/かがみ)11歳(14歳)女性 早乙女家の長女。篝の双子の妹。クール&ドライで勝気な性格。絵を描くのが好き。
早乙女このみ(さおとめ/〃)9歳(12歳)男性 早乙女家の三男。記憶力がよく、仕事においては地図関係などの頭を使うことを専門としている。気難しい。が恐らく兄弟の中で1番まともかつ地味。
早乙女稜(さおとめ/りょう)6歳(9歳)女性 早乙女家の次女。トラップ式の暗殺を得意とする。基本無表情だが楽しい時などは子どもらしく感情豊か。
早乙女叶恵(さおとめ/かなえ)27歳(30歳)女性 早乙女家の嫁。真琴は15歳のときに出産した。明るく気さくな性格。実家とは連絡を取っていない。
早乙女春英(さおとめ/しゅんえい)34歳(37歳)男性 早乙女家当主。篝、鏡、このみの父親。明るくムードメーカー的な性格。
立花流星(たちばな/りゅうせい)33歳(36歳)男性 また別の暗殺屋。真琴、稜の父親。厳格な雰囲気を漂わせる。春英とは腐れ縁。

キーキャラクター
有村美智瑠(ありむら/みちる)14歳(17歳)男性 ヤクザの息子。母が失踪して以来、二重人格になってしまったらしい。温厚で優しい性格。