チームV

チームV『Gabriel』
テーマは『狂信』または『疑心』です。
長野県の紫茂山地域は若者の山下の街への流出が激しく過疎地域と化している。その地域を治める古くから頂点として降り立つ「御母衣」家。御母衣家が企む計画及び儀式に翻弄される親族と地域の人々、そして儀式の行先の物語です。
『我々は、大人も子供も、利口も馬鹿も、貧者も富者も、 死においては平等である。』
『無垢な物語』
メインキャラクター
宝生 鏡花(ほうしょう/きょうか)12歳(13歳)女性 御母衣の分家にあたる宝生家の長女。宝生家は世界を股に掛け仕事をしている為鏡花は家で使用人と両親を待つ日々を送っている。運動神経抜群で体を動かす事が好き。天真爛漫で前向きな性格。猪突猛進なところがある事を自覚しているので頭脳派の蘭丸に惹かれている。今回紫茂山には両親のツテで出会ったビリーに車で送ってもらった。両親は親族会議に不参加。
ビリー 年齢不詳男性 カメラマンの男性。少なくとも日本人ではなく白人である。出身柄戦場経験はあり、かつ昔は戦場カメラマンであったという。ヘビースモーカーであり医者嫌い。明るく気さくな性格で人をからかったりするのが好き。世界中を飛び回る鏡花の両親と幾つか仕事を共にして鏡花と出会い、それ以来暇を見つけては鏡花に会いに行ったり遊んだりしている。やんちゃ盛りの鏡花に手をやきながらもついついお姫様のように可愛がりがち。今回紫茂山に鏡花を送ったものの御母衣の親族ではない為山から降り、街にて親族会議の終わりを待っている。
八釼 菊花(やつるぎ/きっか)18歳(19歳)男性 御母衣の分家にあたる八釼家の長男。祖母がロシア人であるロシア人のクォーター。両親は洋風気触れの生活をしており伝統を重んじる御母衣家の中には疎まれている。また菊花自身隔世遺伝により祖母に瓜二つの外見をしており学校でも親族の中でも浮いている。学校では吹奏楽部に所属している自称文系。運動は乗馬を嗜んだ程度らしい。しかしバイクは荒々しく乗り回す。自由奔放な両親を見て育った為本人は反面教師か真摯で謙虚な性格。とても寛容。今回御母衣家からの信頼を取り戻す為に1人で親族会議に参加。両親は不参加。
遊馬 正親(あすま/まさちか)26歳(27歳)男性 紫茂山のふもとに住む青年。林業を営んでいる。親類全員を亡くしており一人で生計を立ててきた。その為か「死ぬ時は死ぬし死なない時は死なない」といった悲観的な持論がある。幼い頃懐いていた祖父の初恋相手の写真に初恋をしてしまいそれが外国人であった為こじらせてドールなどの趣味に走ってしまったが恥ずかしくて誰にも言った事がない。楽観的なお人好しで自分を顧みない。何でも自慢の筋肉で解決しようとする。自分の初恋にそっくりな菊花に何とも言えない感情を抱いている。
御母衣 宵彦(みほろ/よるひこ)19歳男性 御母衣本家の孫。次女の息子ではあるが次期当主にふさわしいのではないかと言われている。国立大学理学部に所属しているエリート。武道を一通り学んだことがある。生真面目で勤勉。至極冷静で状況分析が得意。少しお茶目なところもある。酒に激弱。父は蒸発したと仕事漬けの母から聞いており、母に嫌疑感を抱き他人行儀で接するうちに敬語が染み付いてしまった。今回は本家の者として会議に参加。両親は不参加。
松風 蘭丸(まつかぜ/らんまる)13歳(14歳)男性 御母衣家の分家にあたる松風家の長男。妹が一人いる。知識量と記憶力やそれを利用した発想力などに優れIQ190ともうたわれる天才児。サッカー部に所属している。優れた頭脳のせいかある程度達観しているが年相応らしく喜怒哀楽が激しい。子供舌。宵彦の事を兄貴と呼び慕っている。今回は自分を溺愛する両親と共に参加。妹は高熱の為近所のおばさんに預けてきた。
御母衣 英子(みほろ/ひでこ)43歳(44歳)女性 御母衣本家の次女であり宵彦の母。義務教育修了後直ぐに御母衣家を出て就職、一般人との間に子を授かったたものの御母衣家から結婚が認められず苗字はそのまま、相手の男性は英子を庇って交通事故で死亡した。宵彦が悲しむと思いこの事を伝えていない。仕事は成功し会社のトップを務めるほどの敏腕。その分育児が疎かになり宵彦に信頼されていない事は自覚している。しかしやはり可愛い一人息子なので隠れた部分がかなりのモンスターペアレント。今回は不参加だが宵彦に後に呼ばれた為紫茂山に向かう。
他キャラクター
皇 春日(すめらぎ/かすが)43歳(44歳)女性 英子の友人。パン屋を営みつつ裏では闇武器を扱っているデンジャーな女。基本的におっとりしているが武器を振り回す時は生き生きとする。英子の名前を読み間違えて以来「えっちゃん」と呼んでいる。今回は英子の助っ人としてきた。
松風 百合子(まつかぜ/ゆりこ)9歳(10歳)女性 蘭丸の妹。とある事情で後に蘭丸との間に大きな確執を産む事となる。
向坂 一朗太(さきさか/いちろうた)(28歳) 都内でカフェを営む男性。実態は菊花の側近であり警護役。職を失った正親を雇う事になる。口は悪いが面倒見が良すぎて胃を痛めているタイプ。

※()の年齢は物語第2部のもの

チームΩ

チームΩ『』
所謂お祭り創作です。
陽の要因を吸収し自ら力としその力を振りまき、世を良くする光の神《聖なるゆりかご》と、陰の要因を吸収し自らの身に溜めることで世を良くする闇の神《邪悪なる叡智》は世界の均衡を保っていました。そんな2人の神が祀られる世界で様々な『歪み』、異変が起き他の物語の登場人物がさも当然のように物語に現れます。中には元の物語から直にこの物語に引き込まれた者もいます。なぜこの物語は歪んだのでしょうか。

『いつも我侭ばかり言うのは僕の方だったね。』
『つまらない少年少女の物語』
メインキャラクター
ルーチェ 17歳男性 幼い頃に両親を亡くし、狩人として天涯孤独過ごしていた少年。《聖なるゆりかご》に力を授かった部族の生き残りとされる。お節介焼きの艦長に見つかり万事屋「エスポワール」に所属した。無口で引っ込み思案。自己主張が乏しく空気になりがち。艦長と同じくお節介焼きなので困った人を空気のように助けては驚かれている。
フォンセ 女性 記憶喪失の少女。森で倒れていたところを艦長に拾ってもらい万事屋に所属。名前以外は何も覚えていないが力持ちである事を利用して力仕事などを受け持っている。しかし女性らしくないと少し負い目を感じている。常に敬語で礼儀正しく品行方正。少しドジなところもあり、料理も壊滅的。艦長には不思議な縁を感じている。
シエル 32歳男性 万事屋「エスポワール」の長であり飛行艇の艦長。飛行艇は偶然懸賞で当たった。困っている人は放っておけない性格だが特に秀でた事もないので空回りしがち。仕事もメンバーに任せて基本的に情報処理を担当している。外見は非常に若々しく童顔だが、おじさんって呼ばれると落ち込む。
エーファ 15歳女性 万事屋「エスポワール」に所属する聖職者の少女。一人称は僕を遣う少年らしき喋り方をする。大雑把で能天気な性格。聖職者らしく艦内にて相談を受けたり各地域で読み聞かせなどを行っている。シエルに特別な感情を抱いている。

ほかチームA,C,E,K,N,O,Qのキャラクターが物語の現地の登場人物として、チームG,J,Mのキャラクターが異邦人として登場します。

チームU

チームU 『Revive』
首都近郊の公立高等学校に通う高校2年生、槐が発起したスクールアイドルの成長を描いた物語。それぞれがアイドルに、学校生活にかけた想いとバラバラだった心が1つになる時に光が生まれる。

『笑顔はするものじゃない。させるものだ。』
『希望を絶やさなかった少年少女の物語』

主人公
北条 槐(ほうじょう/えんじゅ)16歳女性 県立檜坂総合高等学校に通う高校2年生。5月13日生まれ。2年1組であり特進クラス。頭脳は全国模試でトップクラスであり東大はですら入学は堅いと言われている。元アイドルの母と現役大俳優の父を持ちながらも芸能界への道は興味がない。事故によりアイドルの道を絶たれ、うつ病になった母のため自らがアイドルになることを決意する。
北条 圭(ほうじょう/けい)15歳男性 県立檜坂総合高等学校に通う高校1年生。1月2日生まれ。1年5組であり成績は中の下。槐の弟であり重度のシスコン。幼い頃からジャズダンスやクラッシックバレエなど一通りのダンスを習っており現在も継続してダンス教室に通っている。ダンスの振り付けの担当をしている。運動が得意でバスケ部に所属している。母がうつ病になると同時にそんな母を見て感情が薄れ、笑顔が消えてしまった。

メインキャラクター
平野 優子(ひらの/ゆうこ)16歳女性 県立檜坂総合高等学校に通う高校2年生。槐の幼馴染み。6月9日生まれ。2年3組に所属。メンバーからは「ゆっこ」と呼ばれている。冷静で生真面目。男勝りな一面がある。バイクいじりが趣味。メンバーの中で1番胸が大きい。中学生の弟を溺愛している。
神楽坂 雅(かぐらざか/みやび)17歳男性 県立檜坂総合高等学校に通う高校3年生。7月16日生まれ。3年2組に所属。女性のような柔らかい物腰や顔、高い声などがコンプレックスであり、さらに母に教わった手芸や裁縫が趣味である事にも若干負い目を感じている。衣装担当。悪名高い市議会議員の父を持ち街中から迫害されているうえ、父から虐待に近い暴力を振るわれている。
喜屋武 都(きやん/みやこ)15歳女性 県立檜坂総合高等学校に通う高校1年生。4月7日生まれ。1年1組に所属。眼帯とツインテールに加え「〜ッス」という特徴的な喋り方をする個性的な少女。小柄だが運動神経が抜群。メンバーの作戦参謀兼作詞作曲を担当している。明るくムードメーカー的存在。精神的に成熟しておりほかのメンバーに助言する事も多々ある。
久保田 ひより(くぼた/〃)18歳女性 県立檜坂総合高等学校に通う高校3年生。3月3日生まれ。3年4組に所属。母子家庭であり、母が水商売で稼いでいる事でいじめを受け、男子生徒に強姦された事が原因で不登校になり1年留年している。男性恐怖症でありメンバーの圭や雅には最初は近寄る事すら出来なかった。おっとりしていてのんびり屋。
新妻 あゆみ(にいづま/〃)15歳女性 県立檜坂総合高等学校に通う高校1年生。3月24日生まれ。1年6組に所属。幼い頃に父とは離婚しており、小学校の頃に母とも死別している。メイド喫茶でアルバイトをしながら一人暮らしをしている。母がアイドルヲタクであり、あゆみ本人もアイドルが大好きでメンバーになった。常に敬語で毒舌だが怖がりな一面もある。
折原 千恵梨(おりはら/ちえり)16歳女性 県立檜坂総合高等学校に通う高校2年生。9月3日生まれ。2年5組でありダンス部に所属している。ごくごく平凡な女子高生であり、淡々と高校生活を過ごすことに懐疑感を抱いている。趣味はボトルシップ製作であり、手先が非常に器用で集中力も抜群。ダンスの振り付け担当。個性的なメンバーの中で一握りの常識人でありツッコミに追われている。
貴瀬 彩(たかせ/あや)17歳女性 県立檜坂総合高等学校に通う高校3年生。8月20日生まれ。3年4組に所属。札付きの不良であり問題児。家庭で父親が得体の知れない女と再婚し、その女とその連れ子と相容れない事が理由で家にもあまり帰らずグレている。歌う事が好きで音楽の道に進みたいと考えるものの再婚でうつつを抜かしている父親には打ち明けられず3年生になってしまった。スポーティでクールビューティな外見とは裏腹にメンバー1の運動音痴でダンスの練習時間が1番長い。つっけんどんで情に厚い性格。

チームT

チームT『Murder Land』テーマは「犯罪」です。
去年の冬頃、凄惨な事件が日本を、世界を凍らせた。老若男女が楽しめるテーマパークにて半分以上の来場者が謎の失踪をし、発見された多くの者が脳死や心停止と診断された。酷いものでは、肉食獣に食い荒らされた者もいた。犯人は捕まっていない。その生き残りの少年少女は、とあるテーマパークを訪れていた。

『されど僕は、君に赦され僕には許されない。』
『物を言わない物語』

主人公
姫路 鷺子(ひめじ/さきこ)17歳女性 国立の特別能力者学校(国家から国の発展に必要とされた生徒のみが選出される)に通う少女。猟師としての能力を国家に買われた。(ただし能力が猟師として使われる訳ではない)お姫様カットで麗しい姿だが目は死んでるしアウトドアで粗暴かつ野蛮。祖父が猟師であり、鷺子本人も狩猟免許を持っている。剣道部に所属。半年前の事件の生き残り。
メインキャラクター
七尾 創史(ななお/そうし)18歳男性 半年前まで特別能力者学校の生徒会長だった。リーダーシップやカリスマが国家に買われた。このような用途で買われた生徒は生徒会長や委員長などの役職を務める場合が多い。事件により昏睡し植物人間と化している。剣道部の主将。生真面目だがタチの悪い冗談で場の空気を冷やしたりする、所謂KY。熱血漢な一面も。
千早 英奈(ちはや/えな) 18歳女性 生徒会会計。おっとりとしていて運動はあまり得意ではない。一度見た物は忘れないという記憶力の持ち主でありそれが国家に買われた。実はアイドルオタク。半年前の事件の生き残り。
津山 トオル(つやま/とおる)18歳男性 野球部の元主将。抜群の筋力を国家に買われた。荒々しいが面倒見が良く信頼を置かれる存在。半年前の事件の生き残り。半年前はトオルと創史と と あと
犬山 美幸(いぬやま/みゆき)18歳男性 大俳優の息子。生まれつき病弱で生まれて14歳まで入院していた。その頃に篭って培った学力を国家に買われた。少々ぶりっ子気味だが明るく活発。父と同じく俳優になりたいと思っている。
二条 せり(にじょう/せり)16歳女性 生徒会書記。16歳ながら世界的なプロバイオリニストとして活躍するその腕を国家に買われた。ポジティブで放任主義のギャルっぽい性格。メンバーの中でも現実主義者な部類。絶対音感であり音楽を貶されるのが嫌い。
キーキャラクター
岩村 空海(いわむら/くうかい)18歳男性 天才犯罪者。優れた頭脳と身体能力を持つ。《死者蘇生》の理を知るとされ世界中から頭脳、あるいは命を狙われている。ライオンを飼っている。無邪気で子供のような性格で好きな人に言われた事は守る。アルコールに死ぬほど弱い。
岩村 陸(いわむら/りく)17歳没男性 創史の幼馴染み。孤児院から寺に引き取られた。寺が引き取りきれなかった双子の弟がいる。中学から創史が特別能力者学校に上がり、離れ離れになった後に陸上で驚異の記録を出し見事特別能力者学校に入学した。半年前の事件で昏睡した創史や他の仲間達を庇い死亡した。

チームS

チームS『リグヴェーダ』テーマは『逢瀬』です。
何の変哲もない日常が謎のパンデミックで変わる。そのパンデミックの正体を知る少年と出会った、ごく普通の少女の物語。
『貴方に殺されるなら本望でしょう。貴方を待って老いて死ぬなら本望でしょう。』
『世界に独り遺された少年少女の物語』

主人公
宮澤 菜々子(みやざわ/ななこ)14歳女性 市立中学に通う女子中学生。勝気でリーダーシップがある為、吹奏楽部の次期部長を任されている。
ルイ 男性 ある日の夜に菜々子と出会った転校生の少年。白髪と紅い眼鏡が特徴的。飄々としていて掴みどころがない。近隣の謎のパンデミックに関係があるようだ。
メインキャラクター
芥川 優香(あくたがわ/ゆうか)24歳女性 新任教師。絶世の美女だがおっちょこちょいで臆病。よくナンパされるがその度に恐怖で大泣きして警察沙汰になる。生徒を想う心は人一倍。
荻原 朔(おぎわら/さく)14歳男性 菜々子のクラスメイト。寡黙で目つきが悪い。ルイの事が気に入らない様子。逆に優香のことを気にかけている。
キャロル 女性 ルイの知り合い?であり国家の研究所に所属している。少し少年のような喋り方をするが頭脳明晰。そういえばさ、私は人の強欲さで滅んだ鉱石の星を見たよ。
アンバー 女性 ツインテールの幼い少女。喋り方は軍人のような、しかも偉そうな喋り方。格闘技に長けている。ルイとキャロルを陰からサポートしている。

チームR

チームR『AngelicXDemon』テーマは「禁忌」です。ぶっちゃけラノベみたいな話作りたかったのになぜか男率が上がる謎。初めての天使と悪魔が両立した世界観です。親がいないながらも一軒家に住む不思議な相楽家を取り巻いた戦いの話。

『禁じるのは意志、破るのも意志である。』
『握った手を離さなかった少年少女の物語 』

主人公
相楽 克美(さがら/かつみ)18歳男性 都内の公立進学校に通うごく普通の高校生。成績は中の上ほどで、そこそこ良い大学に進める頭脳を持ちながらも28歳ながら一家を支えるほどの業績を持つ兄に憧れビジネス方面を志している。唯一家族で仕事をしておらず、家事全般が得意。9歳以前の記憶がない。無口で引っ込み思案な性格。
メインキャラクター
相楽 郁美(さがら/いくみ) 9歳女性 克美の妹。大人気小学生モデル。兄達を溺愛しており、克美の作ったご飯以外は進んで食べないほどに克美の作る料理を愛している。芸能界に出ている為さばさばとしていてどこか達観している。人気故家族に迷惑をかけてしまう事が悩み。
相楽 成美(さがら/なるみ)28歳男性 相楽家の大黒柱。中小企業から大手に引き抜かれて若年ながら係長を務めている。責任感が強く面倒見がいい。悩みはコンタクトが怖くて眼鏡が必要な事と克美に身長が負けた事。3兄弟で唯一両親を目視した事がある。
セラ(熾天使セラフィム》)男性 天界から相楽家を守る為に派遣された少年。少し情けない。子供らしくやんちゃ。熾天使とは、《亡き天使達の良い部分を結合させた戦闘用天使》を指す。
揚羽(あげは)女性 魔界に属さない放浪する悪魔。傲慢で自信家。相楽家に勝手に住みつき、ポテチにハマっている。戦中の空爆で妹1人を残し命を落とした未練から悪魔に堕ちた元人間。
レオン男性 猫なのか犬なのか分からない。名付け親は郁美。郁美に瀕死の時に気にかけてもらった野良の動物。命を落としながらも郁美に尽くす為悪魔に堕ちた。従順でおっとりとした性格。
バアル男性 魔王。先代の魔王である父ご傍若無人であるのを見ていた故に本人は平和思考で殺戮を望まない。ひょうきんでムードメーカー。思いやりが強く自分より他人の為に生きるタイプ。成美を誘拐後、相楽家の合流と平和の為魔界から追放される。とある彼と、大親友。
その他
ガブリエル 男性? 天使長。腹黒い。
ウリエル 女性 戦闘部隊長。通称ロリエル隊長。
ラファエル 女性 セラの姉。心配性であがり症。
キーキャラクター
ビフロンス 男性 魔界の禁忌を犯した悪魔。六芒星など錬金術の知識に長ける悪魔。目を隠している。物腰が柔らかく、どこか相楽家を気にかけている様子。魔界に幽閉されている。
ラウラ 女性 天界の禁忌を犯した天使。受胎の天使であり、ラウラがいない限り天使達の傷は癒えず、新たな天使が産まれる事もない。現在行方不明。

チームQ

チームQ『聖命戦争』
テーマはありません。『聖杯伝説』と『アーサー王伝説』と『北欧神話』を混ぜ合わせた趣味丸出しの創作です。世界の命の環の象徴であり原初の王『アーサー』と、全てを等しく終わりへと運ぶ終神『ロキ』を取り巻いた物語です。神と人なんて元々分かり合えないものでしょう。

『さようなら、憎き欠落した世界よ。』
『地を踏みしめた少年少女の物語』

主人公
アーサー??歳男性 全ての生命を廻す象徴である『聖王』。現在の世界の生命循環器。温厚でマイペース。怒ると怖いタイプ。ガトリングガンを扱う。ロキとは幼馴染み。 理想郷へ至る鍵。
ロキ??歳性別不明 全てを等しく終わらせる神。神出鬼没。やんちゃで悪戯好き。少年とも少女とも言えない外見をしている。 アーサーとは幼馴染み。3児の母?
その他キャラクター
ランスロット26歳女性 円卓の騎士の1人。湖の騎士とも呼ばれる。責任感が強く情で動きがち。男勝りでいつもラフな格好をしている。円卓の騎士では1番腕が立つ。
パーシヴァル12歳男性 円卓の騎士の1人。投げ槍が得意。年相応に生意気。 アーサーと同じ生命の循環の役割を持つ《聖杯》探索に成功する。
ベディヴィア19歳女性 円卓の騎士の1人。アーサーを幼い頃から慕い、アーサーに命をかけている。肝心なところで決断力が鈍くなったりドジをしたりする。
モルドレッド32歳男性 円卓の騎士の1人。いつも飄々としている。円卓の騎士や九大守護王の中でも常識人故にツッコミに苦労する。アーサーに謀反を起こすといった噂を流されているが否定はしない。父親が誰か分からないうえ母親は幼い頃にアーサーに殺されている。
ガウェイン42歳男性 円卓の騎士の1人。真面目な性格で、マイペースなアーサーにはらはらしている。性格が裏目に出て反感を買うことも。
ニミュエ??歳女性 湖の乙女。アーサーを守護し、エクスカリバーを持つ。おっとりしているが何を考えているか分からず裏が読めない。おそらく腹黒い系女子。
ヴィヴィアン??歳女性 湖の乙女。ニミュエの妹。ランスロットを守護し、アロンダイトを持つ。勝気で面倒見のよい性格。何かとテンションが高い。
ペリノア50歳男性 九大守護王の1人。武勇王。パーシヴァルの父。アーサーとは幼い頃から面識があり、悪友。おおらかで頼れる存在。
レオン??歳男性 九大守護王の1人。百獣王。寡黙な獣人。自ら迫害されがちの獣人の国を作り、統る。
アスクレピオス??歳女性 九大守護王の1人。医療王。アーサーとは幼馴染みで、アーサーの統べる世界を信じ神格化した神。無邪気で飄々としている。一人称はボク。
アテナ16歳女性 九大守護王の1人。技芸天王。若くして極東の国を治める少女。生真面目な性格。義理の父、先代技芸天王を謀略により失っている。
ボールス27歳男性 九大守護王の1人。信頼王。九代守護王最強の実力を持つ心優しき青年。ランスロットと幼馴染みの関係にあり、お互いに気を許している。武術に長けているせいか武術以外には疎く初心。
ルキウス19歳女性 九大守護王の1人。征服王。孤児ながら類まれない才能で1つの国を作り上げた。少年のような容姿と喋り方だがれっきとした女性。一人称もオレで鎧を着込んでいる為男と勘違いされやすい。
エルドラード??歳性別不明 九大守護王の1人。黄金王。飄々としていて誰も彼の者の素性を知らない。
サリー??歳女性 九大守護王の1人。救世王。少女ながら大剣を振り回す。ただ彼女1人現れるだけで戦況がひっくり返るほどの力を持つことから救世王と呼ばれる。前髪もっさりクーデレ。本名はサルヴァドール
ジェスター21歳男性 九大守護王唯一の魔法使い。道化王。国は持っていないがアーサーに気に入られ九大守護王になった。仮面で顔を隠しており、素性を知る者はいない。
グィネヴィア25歳 アーサーといずれ結婚し次代の聖王をもうけることになっているがランスロットを愛している。無神経で我が儘。魔法使い。
スルト??歳男性 神。ロキを先輩と慕い、今回の案件にも協力する。ドジっ子で頑張っても大概空回りする。
シンモラ??歳女性 神。スルトの妻。ドジっ子であるが戦うと案外強い。
イオン30歳男性 地底王。死者の国地底を治める王。煙草ふかしてばかり。正体は先代技芸天王イオン。アテナの育て親であり師匠。
フェンリル??歳女性 ロキの娘。臆病な性格。
ヨルムンガンド??歳男性 ロキの息子。生意気な性格。
ヘル??歳女性 ロキの娘。地底を作った神。娯楽好きで人間をおもちゃとして扱う。モルドレッドを理由も分からず気に入っている。
キーキャラクター
ロミオ18歳女性 謎の少女。男言葉を遣う好戦的な少女。理想郷を目指している。
ジュリエット18歳男性 謎の少年。見た目はぱっとしなく、地味であるが頭は切れる。理想郷に到達しようとする。